• EC物流倉庫
  • WMS

EC物流倉庫の革新|従来の倉庫システムとの比較でわかる進歩と解決策

EC物流倉庫とは、主に電子商取引(EC)市場を対象とした物流倉庫のことで、オンラインでの注文処理、商品の保管、ピッキング、梱包、出荷などの機能を有しています。これらの倉庫は、迅速かつ効率的な配送を実現するために、高度な自動化技術、在庫管理システム、及びデータ分析ツールを導入しており、ECビジネスの成長に不可欠な役割を果たしています。 EC物流倉庫は、顧客満足度の向上とコスト削減の両方を目指し、現代のEC市場の要求に応えるために革新を続けています。
「三協の歴史は、ECの歴史と言っても過言ではありません」

EC倉庫とは?

EC倉庫とは、電子商取引(EC)事業者が商品を保管し、注文に応じて出荷を行うための施設のことです。EC事業の拡大に伴い、商品保管、ピッキング、梱包、発送といった物流業務を効率的に行うための専門的な倉庫として、近年ますます重要性を増しています。EC倉庫は、単なる保管場所ではなく、ECビジネスの成功を支える重要なインフラと言えるでしょう。

EC事業者が自社で倉庫を保有する場合、倉庫の建設や運営、人材確保など、多大なコストと労力を要します。また、物流業務に人員や時間を割くことで、本来注力すべき商品開発やマーケティングなどのコア業務に集中することが難しくなります。EC倉庫を活用することで、これらの課題を解決し、ECビジネスの効率化と成長を促進することができます。

従来の物流倉庫システムとは?

従来の物流倉庫システムは、主に手動作業や基本的な機械装置に依存していました。これらのシステムは、製品のストレージ、インベントリ管理、出荷の基本的な要件を満たすことはできましたが、現代のEC物流倉庫が直面する複雑で高速な要求には対応できませんでした。従来の倉庫は、主に静的な在庫管理に重点を置き、限られた情報管理技術と、効率性よりも保管容量に焦点を当てたレイアウトが特徴でした。このようなシステムは、EC市場の急速な成長と多様化する消費者のニーズに追いつくことができず、時間とリソースの浪費を招く原因となりました。

物流倉庫の歴史と発展

EC市場の爆発的な成長は、物流倉庫に新たな役割をもたらしました。EC物流倉庫は、オンラインでの注文を迅速かつ正確に処理し、顧客満足度を最大化するために不可欠です。 従来の物流倉庫システムでは、オンラインショッピングの要求するスピードと柔軟性に対応することが難しく、このギャップがEC市場の成長を妨げる要因となりました。EC物流倉庫は、この新しい市場の要求に応えるために、より進化した技術とプロセスを採用し、効率的な在庫管理と迅速な商品の出荷を可能にしています。

従来の物流倉庫の特徴と限界

従来の物流倉庫は、主に手動の作業に依存し、在庫管理と出荷プロセスの効率性に限界がありました。これらのシステムは、大量の在庫を管理するのに適していましたが、迅速な出荷や注文のカスタマイズには適していませんでした。

また、従来の物流倉庫は、データ駆動型の決定をサポートするための高度なテクノロジーを欠いており、市場の変動や消費者の需要に迅速に対応することが困難でした。これにより、過剰在庫や欠品の問題が頻発し、顧客満足度に影響を与えることがありました。さらに、従来の物流倉庫は、空間の利用効率が低く、拡張性や柔軟性に欠けていました。

このため、急速に変化する市場の要求に対応するためには、大規模な再構築やシステムのアップグレードが必要となることが多く、これが大きなコスト増となることもありました。

このような背景から、EC市場の成長に伴い、物流倉庫のシステムは大幅な変革を迫られています。従来の物流倉庫の特徴と限界を理解することは、EC物流倉庫がどのような革新を遂げたかを深く理解する上で重要です。

EC物流倉庫の革新は、単に技術の進化だけでなく、効率化、顧客満足度の向上、市場ニーズへの迅速な対応といった、ビジネス全体に影響を与える要素を含んでいます。従来の物流倉庫とEC物流倉庫との比較を通じて、物流業界における進歩と解決策をより深く理解することができるでしょう。

2024年問題とEC物流倉庫

2024年問題は、長時間労働の慢性化という課題を抱える物流業界において、労働時間削減を目指した働き方改革関連法の施行によって生じる問題です。この法改正により、トラックドライバーの労働環境改善が目指されていますが、同時に業界全体に多くの課題をもたらすことが予想されます。

運送・物流業者の売上減少

労働時間の制限により、1日に運べる荷物の量が減少し、収入が減る可能性があります。過当競争の中で運賃を上げることは困難です。

ドライバーの収入減少

労働時間の減少により、ドライバーの収入が減少する恐れがあります。これは離職率の増加や労働力不足をさらに悪化させる可能性があります。

法改正への対応の困難さ

物流業界は、荷待ち時間の短縮や効率的な配送計画の作成など、労働時間削減のために多くの課題に直面しています。

EC倉庫の機能とサービス

庫内オペレーション

EC倉庫では、商品を迅速かつ正確にピッキング、梱包、発送するために、様々な工夫が凝らされています。例えば、商品を効率的に保管するための棚の配置や、ピッキング作業をスムーズに行うための動線設計、最新の物流システムの導入などが挙げられます。これらの工夫により、短納期での配送を実現し、顧客満足度を高めることが可能となります。

自動化設備

近年では、EC倉庫の自動化が進んでいます。自動搬送システムや自動ピッキングシステムなどの導入により、人手に頼っていた作業を自動化することで、作業効率の向上、人為的ミス削減、コスト削減などが期待できます。自動化設備の導入は、EC倉庫の競争力強化に大きく貢献すると言えるでしょう。

付帯業務への対応

EC倉庫では、商品保管や出荷以外にも、様々な付帯業務に対応しています。例えば、商品の検品、ラベリング、ギフト包装、海外発送、返品処理などがあります。これらの付帯業務を委託することで、EC事業者は自社の業務に集中することができ、より効率的にビジネスを進めることが可能となります。

EC倉庫の種類と選び方

販売主体タイプ

販売主体タイプのEC倉庫は、自社で商品を販売するEC事業者が運営する倉庫です。自社で物流業務を管理することで、商品管理や配送に関するノウハウを蓄積し、顧客ニーズに合わせた柔軟な対応が可能となります。ただし、自社で倉庫を運営するには、初期投資や運営コストがかかるため、規模の小さいEC事業者にとってはハードルが高い場合があります。

業種特化タイプ

業種特化タイプのEC倉庫は、特定の業種に特化したサービスを提供する倉庫です。例えば、アパレル、食品、化粧品など、それぞれの業種に合わせた保管環境や物流システムを備えています。専門性の高いサービスを提供することで、顧客のニーズに最適な物流サービスを提供することが可能となります。

サービス主体タイプ

サービス主体タイプのEC倉庫は、物流サービスを専門に提供する企業が運営する倉庫です。保管、ピッキング、梱包、発送など、幅広い物流サービスを提供しており、EC事業者は自社のニーズに合わせて必要なサービスを選択することができます。サービス主体タイプのEC倉庫は、専門性の高い物流サービスと、柔軟な対応力を持つことが特徴です。

システム会社主体タイプ

システム会社主体タイプのEC倉庫は、物流システムの開発や販売を行う企業が運営する倉庫です。自社開発の物流システムを導入することで、効率的な物流業務を実現し、顧客に高品質なサービスを提供することができます。システム会社主体タイプのEC倉庫は、最新の物流システムと、システム開発に関する専門知識を持つことが強みです。

EC倉庫選びのポイント

倉庫の立地

EC倉庫の立地は、配送効率やコストに大きく影響します。顧客への配送時間を短縮するためには、主要都市や物流拠点に近い場所に倉庫を置くことが重要です。また、交通アクセスが良好な場所を選ぶことで、商品の搬入出や配送がスムーズに行えます。

サービス内容

EC倉庫が提供するサービス内容は、事業者のニーズによって異なります。保管、ピッキング、梱包、発送などの基本的なサービスに加えて、検品、ラベリング、ギフト包装、海外発送、返品処理などの付帯サービスも提供している場合があります。自社のニーズに合ったサービス内容を提供しているEC倉庫を選ぶことが重要です。

システム連携

EC倉庫のシステムと自社のシステムとの連携は、物流業務の効率化に不可欠です。在庫管理システムや受注管理システムなど、自社のシステムと連携することで、リアルタイムな情報共有が可能となり、スムーズな物流業務を実現することができます。システム連携がスムーズに行えるEC倉庫を選ぶことが重要です。

EC倉庫を活用するメリット

コア業務に専念できる

EC倉庫を活用することで、商品保管、ピッキング、梱包、発送などの物流業務を外部に委託することができます。これにより、EC事業者は物流業務から解放され、商品開発やマーケティングなどのコア業務に専念することが可能となります。コア業務に集中することで、ECビジネスの成長を加速させることができます。

物流品質が向上する

EC倉庫は、専門的な物流ノウハウと設備を備えているため、自社で物流業務を行うよりも、高い品質の物流サービスを提供することができます。迅速な配送、正確な商品管理、丁寧な梱包など、物流品質の向上は、顧客満足度向上に繋がり、リピート率や顧客ロイヤリティの向上に貢献します。

コスト削減

EC倉庫を活用することで、自社で倉庫を保有する場合と比べて、初期投資や運営コストを削減することができます。また、人材確保や人件費、物流システム導入などのコストも削減できるため、ECビジネスのコスト効率を大幅に向上させることができます。

​​EC物流倉庫の導入事例

ここでは三協のEC物流倉庫を導入した事例についてご紹介します。

インターナショナルスワングループ様

インターナショナルスワングループは、EC物流のアウトソーシングを三協に委託することで、モール数が12倍、EC売上が10倍以上に成長しました。年間25万件の出荷において、10年以上の取引期間中「誤出荷ゼロ」を達成しています。三協のサポートにより、複雑な物流業務が効率化され、スムーズな運用が可能になりました。特に、WMS「SANTA」を活用した精密な在庫管理と迅速な出荷が成功の鍵となりました。

三協への物流委託をきっかけに、モール数12倍、EC売上10倍超まで成長!年間25万件の出荷でも取引以来10年以上『誤出荷ゼロ』

Gorilla Wear Japan様

Gorilla Wear Japanは、フィットネスアパレルブランド「Gorilla Wear」の日本唯一の公式代理店としてEC販売を開始する際、三協の物流アウトソーシングを導入しました。物流とシステムの課題を解消し、特に担当SEとの直接のやりとりが成功のカギとなりました。Shopifyとのシステム連携や商品の検品・出荷作業を含む包括的なサポートにより、EC運営がスムーズに進行し、誤出荷ゼロの高品質な物流体制を実現しました。

アパレルEC販売のネックとなる物流とシステムの不安を払拭。成功の鍵は担当SE在籍の心強さ

EC物流倉庫の3PLの重要性

比較する上でEC物流倉庫におけるサードパーティ・ロジスティクス(3PL)の重要性は、現代のECビジネスにおいて非常に高いものがあります。3PLは、物流プロセス全体を外部の専門企業に委託することを意味し、EC事業者にとって多くの利点をもたらします。特に、競争が激化するEC市場において、3PLは物流の効率化、コスト削減、さらには顧客満足度の向上という点で極めて重要な役割を担っています。

EC市場の拡大に伴い、迅速かつ効率的な配送は消費者にとって重要な選定基準となっています。3PLサービスを利用することで、EC事業者は配送速度の向上、在庫管理の最適化、返品処理の効率化など、物流の多くの側面で大幅な改善を実現できます。3PLプロバイダーは、専門的な知識と技術を活用して、これらのプロセスを最適化し、EC事業者が本業に集中できるようサポートします。

また、3PLプロバイダーはスケーラビリティの面で大きなメリットを提供します。EC事業者のビジネスが成長し、市場が変化しても、3PLサービスは柔軟に対応し、必要に応じて物流能力を調整することが可能です。この柔軟性は、EC事業者が市場の変動に迅速に対応し、顧客の要求に合わせてサービスを提供する上で重要な要素です。

さらに、3PLはコスト削減にも大きく貢献します。物流プロセスを外部に委託することで、EC事業者は倉庫や配送トラックなどの物流インフラへの大規模な投資を避けることができます。また、3PLプロバイダーは物流の専門家であるため、物流コストを効率的に管理し、最適化することが可能です。

今後のEC市場で成功を収めるために重要な要素となるでしょう。3PLの提供するスケーラビリティ、専門性、コスト効率は、EC事業者が市場で競争力を持ち続けるために不可欠です。

さらに、3PLサービスは、ECビジネスのグローバルな拡大をサポートします。多くの3PLプロバイダーは、国際的な物流ネットワークを持ち、異なる国や地域への配送に対応できる能力を有しています。このため、EC事業者は、国内だけでなく国際市場への展開を容易に行うことができます。

また、3PLは、持続可能性の観点からも重要です。プロバイダーは、効率的なルート計画、燃料効率の良い輸送手段の選択、廃棄物削減といった持続可能な物流プラクティスを実施しており、これによりEC事業者も環境に配慮した運営が可能になります。

EC物流倉庫の3PLの利用は、ビジネスの成長、効率化、コスト削減だけでなく、より広い視野での市場対応能力と環境への配慮という点でもEC事業者にとって重要な戦略です。市場の競争が激化し、顧客の期待が高まる中、革新的で効率的な物流ソリューションを提供する3PLの重要性は、今後もさらに増していくでしょう。

まとめ

EC倉庫は、ECビジネスの成長を支える重要なインフラです。EC倉庫を活用することで、物流業務の効率化、顧客満足度の向上、コスト削減など、様々なメリットを得ることができます。EC事業者は、自社のニーズに合ったEC倉庫を選び、積極的に活用することで、ECビジネスの成功に繋げることが可能となります。


【プロが解説】EC物流とは?仕組みや課題、EC物流の改善ポイントを徹底解説


中小企業のDX導入を代行
物流のプロから学ぶ無料の倉庫見学会&物流セミナー
物流コストを削減する倉庫管理システム(WMS)の活用方法
現場を劇的に改善する WMS【SANTA】
WMSと物流DXの融合:在庫管理のデジタル化でビジネスを加速