about

アパレル物流とは

販売促進に繋がる攻めのアパレル物流を

アパレル物流は、アイテム数が多岐にわたることに加えて、
色やサイズ展開が豊富であることがその特徴であり、結果としてSKU数が爆発的に多くなります。
したがって、受注から即出荷可能な倉庫運営を実現するには、アパレル事業の勘所を踏まえた業務フローと
柔軟な倉庫管理システムの構築など、アパレル物流ならではのノウハウが求められます。
そして、InstagramやTwitterといったSNSやテクノロジーの進歩により、
アパレルのトレンドは細分化され、変化のスピードが速くなったことで、
よりきめ細やかなマーケティング施策に対して物流が伴走していくことが一層重要となります。
弊社ではさらに一歩踏み込み、顧客体験を物流側面で高めることで、
お客様のCRMを向上させる攻めのアパレル物流を進めております。

  • CRMを重視するアパレル物流を展開

    CRMを重視する
    アパレル物流を展開

    特にD2Cにおいて、商品との最初の接点となる物流面から顧客体験(CX)を向上させる方法は、ブランディングの強化という点で有効な打ち手です。購入頻度や購入金額に応じて、ユーザーとのタッチポイントを作るには、ユーザーが注文商品を開封するその瞬間が最適です。弊社ではオーダーメイドで物流システムを構築しており、各種販促システムとデータ連携させることで、顧客属性と過去の購買データを分析、お客様が望むいかなるCRM施策でも物流面からサポートすることが可能です。購入状況に応じて100種類を超える販促チラシ、ユーザー毎に文面の異なるお礼状、購入金額やペルソナにマッチした

    販促物の同梱など、ユーザーの満足度を高め、お客様企業のブランド力を物流面から高める施策を実施しております。「こだわりが詰まったお客様の商品」×「パーソナライズされた物流施策」で差別化を図りませんか?

  • 店舗在庫をECで売り切る

    店舗在庫をECで売り切る

    コロナウイルスによる緊急事態宣言の影響もあり、百貨店やモールなどの店舗販売が中心であったアパレル企業様がEC販売を強化する事例が増えています。弊社のお客様で全国に自社店舗や販売委託先を抱える企業様がいらっしゃいます。緊急事態宣言下において、数十万ピースのアイテムを店舗から一気に弊社倉庫へ集約、スピード最優先でEC販売を強化する戦略に舵を切られました。豊臣秀吉の中国大返しを彷彿とさせるこの大転換を物流面からサポートしたのが当社のエンジニアチームです。全国の店舗から弊社倉庫へのバラバラでの商品入荷となりましたが、専用の店舗返品システムを問い合わせから数日で完成させ、超短納期でのリバイバル作業と棚入れを在庫差異ゼロで行うことが出来ました。その結果、EC売上げが昨対で数倍

    の水準まで飛躍的に上昇するとともに、回転の悪かった去年以前の在庫についても相乗効果で売り切れが続出する喜ばしい結果となりました。

  • 海外生産だからこそのアナログ(イレギュラー)対応

    海外生産だからこその
    アナログ(イレギュラー)対応

    アパレル業界はその生産を国外工場に委託している会社が多いですが、その際に工場側でバーコードの添付が出来ないケースがあります。このような場合、倉庫側で入荷の際にバーコードを発行するとともに、ネームタグや下げ札と品番を合わせながら添付作業を実施する必要があります。誤ったバーコードを添付した場合、100%出荷ミスが発生することを勘案すると、ヒューマンエラーのリスクは非常に大きいと言えます。三協では、バーコードが添付されていない状態に加えて「ネームタグが必ずしも商品マスタと一致していない」「1つの段ボールに数十種類の商品が同梱されている」「工場からの入庫連絡

    フォーマットが事前の取り決めルールの通りに徹底されない」といった複雑な対応も出来る限り柔軟に対応させていただいております。出来ない理由ではなく、お客様の課題を解決する方法を全社一丸となって考えますのでお気軽にご相談ください。

  • 煩雑な返品・交換でも入出荷制限ゼロ

    煩雑な返品・交換でも
    入出荷制限ゼロ

    アパレル商品は、季節ごとに全国にある自社店舗や百貨店などの販売店に出荷されますが、そのシーズンが終わると一斉に倉庫側へ返送されます。店舗ごとにSKUと枚数がバラバラな状態で倉庫側へ戻ってくるため、迅速に検品と棚入れを行うには、事前の情報入手と徹底的に効率化されたシステム設計およびオペレーションが不可欠です。特に、EC販売におけるエンドユーザーからの返品・交換は、「タグの消失や状態確認」に加え、「返品伝票が頂けない」「事前の返品連絡がデータとして存在しない」といったケースも多く、迅速な作業を阻む要因となります。弊社は独自の倉庫管理システムを開発しており、

    お客様の販売戦略や現場のオペレーションに合わせて最適化した返品システムを構築、販売機会を極限まで高めることが可能になります。さらに、イレギュラー対応においても入出荷の制限は一切ありません。返品やレンタル業務など、双方向の物流でお悩みの際はお問い合わせください。

  • アパレルの利益は物流コストの削減が握る

    アパレルの利益は
    物流コストの削減が握る

    アパレルは、季節やトレンドに流通量が大きく左右されるため、需要の変動にも迅速かつ柔軟に対応しなければなりません。また、SNSの影響によるアパレルトレンドの細分化に加え、従来よりシーズン区分が複雑化していることから、効率的に物流を運営することが求められます。さらに、楽天スーパーセールやペイペイ祭りなどのイベント時において、1日の販売数が通常時の数十倍となることも珍しくなく、物流コストを上手に変動化することが利益拡大のカギを握っていると言っても過言ではありません。弊社は従業員の100%を自社スタッフとして雇用しており、その大部分がアルバイト・パートスタッ

    フで構成されています。また、システムも完全に内製化を図ることで、外部コストを徹底的に排除、良心的な価格で高品質なアパレル物流を実現しております。さらに、EC事業者を悩ます配送料においても、運送会社様の集荷効率を高めるためのシステム開発や拠点運営を徹底することで運送コストの圧縮にも協力いただいております。
    「物流品質を高めコストを下げる」はこちら

  • 先鋭的なプラットフォームとのシステム連携

    天猫国際やファーフェッチなど
    先鋭的なプラットフォームとの
    システム連携

    三協では、お客様毎にオーダーメイドで倉庫管理システム(WMS)を構築しますが、特に喜ばれている機能として他システムとの連携力があります。ネクストエンジンを始めとする受注管理システムは勿論、futureshop、MakeShopのようなカート型システム、楽天・アマゾンなどのモール型システムとも柔軟な連携が可能です。また最近では、Base、STORES、Shopifyなどの自社サイト型のシステムや、スマイルやアラジンオフィスなど業務の核となる基幹システムを、弊社の倉庫管理システムと連携させたいという要望が非常に増えています。

    これらの連携が実現することで、入出荷管理の生産性と在庫精度を飛躍的に高め、お客様の経営戦略の自由度を高めることが可能となります。一方で、特定のカート型システムや通販システムと受注管理システムでは在庫連携部分で反映出来ないというような(たまごリピートとネクストエンジンが在庫連携していない等)ケースも少なくありません。弊社であれば、エンジニアによるデータ変換用のツール作成や倉庫管理システムのカスタマイズを施すことで、例外のないストレスフリーなシステム連携を実現します。さらに、ZOZOTOWNやアマゾンFBAなど、モールの垣根を超えた一元的な在庫管理と商品管理を可能にするダイヤモンドヘッドとの連携や、中国最大の越境ECプラットフォームである天猫国際、世界中のアパレルを扱うファーフェッチなど、先鋭的なプラットフォームとのシステム連携にも積極的に取り組んでおり、開発実績も着実に増えております。このようなEC系のプラットフォームや各種支援システムは日進月歩で開発されており、三協ではエンジニア中心で専門チームを発足し、お客様にとって最適な物流機能について研究を進めております。

  • コールセンターと受注管理が販売の肝になる

    コールセンターと受注管理が
    CXの肝になる

    コロナウイルスの影響もあり、今まではインターネットで買い物をされない方がネットショッピングを利用するようになりました。その中には、ネットの使い方以前にスマホの操作にも不慣れな方も決して少なくありません。弊社のお客様でも50代以上の購入者が多いブランド様は、この半年でネット販売の業績を大きく伸ばす一方で、ユーザー対応に頭を悩ませていらっしゃいました。多店舗展開やオムニチャネルを強化すると、購入場所という境界線があいまいになり、消費者からの質問やクレームの数はどうしても増加することになります。弊社はアパレル企業様のコールセンターや受注管理を10年以上実施する

    中で、物流企業ならではのオペレーションを磨き上げてまいりました。特に、縫製不良や生地感のイメージ違いによる返品・交換希望など、明確な線引きが難しくナイーブな局面において、現物を見ながらお客様に寄り添って柔軟に対応することを徹底しております。そうすることでユーザーの安心感を高め、「またこのブランドで買い物をしたい」と感じてもらえるような顧客体験を物流サイドから提供しており、取引企業様からは多くの喜びの声を頂戴しています。