• 三協はSE在籍。
    毎日現場に足を運ぶSEがいる

    • 物流品質を高めるために不可欠なデジタル管理
    • 品質・コスト・スピードの全てにシステムが関わる
    • 一般論や操作性を重視しただけのカスタイズはしない

    物流品質を高めるために不可欠なデジタル管理。今ではWMS(倉庫管理システム)による在庫のデジタル管理は一般化していますが、三協ではWMSという言葉が存在する以前からシステム開発に取り組みデジタル管理を導入してきいました。1999年よりシステム開発室を開設。以来、物流の知識を持ったSEの育成に力を注いできました。
    毎日現場に足を運び現場の声を聞き、見て、感じているからこそ現場で活きるシステムを構築することが出来るのです。
    「三協はSE在籍。」お客様により良いサービスを提供するために出した答えの一つです。

  • 1つとして同じWMSは
    存在しません。

    取り扱う商材や経営戦略、描くビジョンが他社と全く同じというお客様はいません。ですからWMSも全く同じもので代用なんてできません。三協では自社開発のWMSをベースにお客様ごとに1つ1つカスタマイズしてご提供しています。
    一般論や操作性を重視しただけのカスタイズではなく、お客様の業務フローに合わせて、現場での作業効率、入荷・出荷の管理方法、ピッキングリストの項目に至るまで、ありとあらゆる角度からお客様のビジネススタイルに寄り添ったカスタマイズを行います。
    また、事業の成長に伴う業務フローの変更や販売チャネルの拡大などに必要なカスタマイズにも柔軟に対応。
    SEが在籍しているので迅速かつ低コストでカスタマイズできます。

在庫共有一元管理。

ネットショップ多店舗展開、自社店舗、卸など、あらゆるチャネルの在庫を共有一元管理することで、
余分な在庫を極小化。荷動きを徹底管理することで販売戦略の立案を迅速に行っていただけます。

あらゆる基幹システム・受発注システムと連動

ネクストエンジン/たまごリピート/スケねこ/あらじん/etc…