about

受注管理代行とは

EC販売において
“柔軟かつ高度な受注管理代行”を提供

EC販売では受注管理担当に相当な負担が掛かります。
特に“母の日”といったイベント時や“楽天スーパーセール”のような繁忙期には、
出荷制限を掛けることも少なくありません。
弊社が物流代行を半世紀に亘って運用する中で、受注管理代行の依頼も年々増加しており、
アパレル・雑貨・化粧品など、幅広い業界にて受注管理代行をさせて頂いております。
他社では対応出来ないような複雑な受注管理であっても、
自社SEによるシステムソリューションと受注管理に特化した専門チームでお引き受けします。
さらに、イレギュラー業務であってもエンジニアによる自動化処理ツールの開発や関連システムのカスタマイズによって、
業務の標準化とマニュアル管理を徹底しており、受注管理代行をほぼ全てパートスタッフで運営しております。
そうすることで良心的な価格で柔軟かつ質の高い受注管理代行を提供することが可能になっております。
また、独自の教育システムにより初心者であっても受注管理業務をスピーディに
キャッチアップ出来るように業務を構築、コロナ禍に4回に亘って発生した緊急事態宣言中においても
業務を一度も休止することなく、継続いたしました。

  • “多店舗展開”でお客様の売り上げを拡大

    “多店舗展開”で
    お客様の売り上げを拡大

    EC販売の売上を上げるには、販売するECのモール数を増やすことは有効な手段といえます。自社サイトに加えて楽天、Amazon、Yahoo!などは異なる顧客を抱えているため、様々な属性のユーザーを獲得することが出来るようになります。
    一方で、出店モールが増加するに従って受注管理の手間が増えるために、代表的なECモールでのみ出店しているという企業様が少なくありません。
    価値観の変化に伴い顧客ニーズが細分化されており、Qoo10やau PAYマーケット(旧au Wowma!)など代表的なECモールと比較すると規模は小さいながらも顧客ロイヤリティが高く、そのサイトで定期的に買い物をするという層を勘案すると、

    収益の最大化を図るにはモールの数を増やすことは非常に効果的です。一方で、多店舗展開をすると特定のカートモールと受注管理システムが「一部連携しない」ようなシステム連携の面で不具合が発生するという手間やリスクがあります。また、自社サイトに加え、楽天やAmazonなど多店舗展開をしている場合、エンドユーザー様がどのサイトで購入されているかを勘違いされているケースも少なくありません。ユーザー様からすると「どこの販売サイトから購入しているかの経路くらいすぐに判明出来ないのか」とクレームに繋がることもあります。弊社は20を超えるECモール出店をされている受注管理代行の実績例もあり、モールの垣根を超えた横断的なシステム管理を構築しているため、ミスなく円滑にユーザー様の販売履歴を補足し、対応することが可能です。

  • 店舗スコアを最高ランクまで上げる受注管理代行

    店舗スコアを最高ランクまで
    上げる受注管理代行

    受注管理は業務の専門性が高く、どうしても業務が属人的になる傾向があります。また、仕様変更や決済機能の追加など、出店しているECモールやカートシステムの更改頻度も高く、そのたびにホームページに記載されている仕様書やマニュアルを確認しながら業務をアップデートしていく必要があります。
    一方で、ルール変更に対して的確に対応をすれば店舗スコアが上昇することでサイト内の露出度が高まり、販売数が伸びることになります。三協では、お客様の店舗スコアを上げるために「決済機能の追加」や「あす楽の設定」「ユーザー都合による先日付出荷となった場合の迅速な反映作業」などを徹底し、少しでもお客様の売上UPに貢献するように努めております。
    実際に弊社に受注管理をアウトソーシングし、店舗スコアが

    最高ランクまで上昇するとともに、2倍以上の出荷件数になったお客様もいらっしゃいます。受注管理業務を委託することで、最優先課題である営業戦略やマーケティング施策にお客様のリソースを集中するのも一つの選択ではないでしょうか。

  • 自由自在のカスタマイズで独自のシステム連携

    自由自在のカスタマイズで
    独自のシステム連携

    三協では物流に特化したエンジニアが多数在籍しているため、ネクストエンジンやクロスモールなど、様々な受注管理システムとWMSをシームレスに繋ぐことが可能です。また、「楽天における与信NGの際の注文自動キャンセル」や「インスタライブ中の注文」など、受注管理システムとカートシステムで在庫が上手く連携されない場合でも、専門のシステムエンジニアによるデータの繋ぎ込みやカスタマイズを施すことで例外のないストレスフリーなシステム連携を実現します。
    さらに、カートシステムから受注管理システムへデータを流し込む際に、商品表記で上手く表示がされないといった互換性によるトラブルが発生した場合も、独自のデータ変換処理ツール

    を構築することで、精緻な受注管理代行を行うことに成功しました。このように、弊社には受注管理に強いSEがいるため、システム連携をベースとした生産性の高い受注管理代行を良心的な価格で提案することが可能です。もちろん御社にとっての最適な受注管理システムの選定からのサポートも可能ですのでお気軽にお申し付けください。
    三協のSE在籍について詳しくはこちら

  • 楽天スーパーセールでも100%“あす楽”を実現

    楽天スーパーセールでも
    100%“あす楽”を実現

    楽天スーパーセールやペイペイ祭りに加え、母の日やクリスマスなど特定のイベント時にはその販売量は一気に増加します。その際に、課題となるのがリードタイムです。せっかく購入してもらっても、出荷に日数が掛かった場合は、キャンセルとなるリスクは高まります。また、例えば”あす楽”を達成できない場合、楽天などモールサイドからペナルティを受け、サイト内のSEOが下がることに繋がりますので、売り上げを伸ばすためにはスピーディな受注管理が不可欠です。
    弊社ではイベントなどで出荷数量がどれほど多くなったとしても、必ずその日に出し切ります。受注管理代行サービスをスタートしてから今日までの間、コロナウイルスの影響期間も

    含めて一度たりとも“あす楽”に対応できずに未出荷となった事例はございません。コールセンター業務においてもコロナ禍を含めて電話対応を休止した事例や短縮化をした事例もありませんのでご安心ください。

  • 受注管理代行で返品スピードを高め、機会損失をゼロへ

    受注管理代行で返品スピードを
    高め、機会損失をゼロへ

    靴の”ロコンド”などでも返品交換はお馴染みですが、EC販売においてサイズやイメージが違うということでの返品交換はつきものです。その際に、受注管理でどのように対応するのかについては、ブランドイメージや販売戦略も勘案しながら考える必要があります。
    「何回までは無料で対応するのか」「送料はどちらが負担するのか」「付与したポイントをどうするのか」「所定の返品・交換手続きが正しくなされなかった場合のイレギュラー対応はどうするのか」、返品はその瞬間は売れ筋の商品であることも多いため、その返品処理が手間取った場合、商品価値は日増しに棄損していきます。したがって迅速な対応が機会損失を極小化

    するうえで重要です。特に電話で返品・交換の事前連絡をされるケースでは、それを受注画面で登録・管理をすることで、返品システムが更新され返品予定表が生成されるように弊社にてカスタマイズ対応をしております。このように、弊社の受注管理代行では、受注処理のシステムと返品システムを連携させることで、効率的な返品対応を可能にしており、アナログな返品にも原則対応しています。例えば事前の連絡なく、納品書なども一切入っていないもので返品された場合、氏名や住所といったデータから注文番号を特定し、返品交換の対応をさせていただいております。デジタル化と業務の標準化を徹底しているからこそ、例外的な対応にも余裕をもって時間を充てることが可能になっております。

  • 与信NGとなったユーザー様への個別対応

    与信NGとなった
    ユーザー様への個別対応

    コンビニ後払いという決済手段があります。これは売上を高めることに寄与する反面、与信NGとなった場合のエンドユーザー様対応が難しいため、導入されない店舗様も少なくありません。また、与信は通った場合でも長期不在で戻ってくるリスクも他の決済手段のユーザーと比較すると大きいことも要因の一つとして挙げられます。三協の受注管理代行では、決済に落ちた場合は購入者の属性と購入金額に応じて、パーソナライズされたメール対応を行います。センシティブな感情に寄り添いながら、ユーザー様によっては他の商品や決済手段での購入を勧めるなど、お客様の売上拡大に貢献する受注管理代行を行っております。

  • コールセンターと受注管理がCXの肝になる

    コールセンターと受注管理が
    CXの肝になる

    スマホの普及にCOVID‐19の影響も重なり、ECで商品を購入する割合は日々高まりを見せています。ショッピングモールや百貨店で買い物をされていた方が、初めて楽天やYahoo!ショッピングで買い物をするというケースも増加してきました。その中には、インターネットに不慣れな方や携帯の画面操作に長けていない方も多くいらっしゃいます。
    弊社のお客様でも50歳以上をターゲットにしているブランド様は、2020年以降販売が堅調に推移惟する反面、カスタマー対応に苦慮されていました。「私の携帯画面ではそんな項目はない」「クーポンの使い方が分からない」「サイトの使い方が分からないから電話で対応して欲しい」「そんなメール届いてない」携帯画面は見づらいことが多く、怒りを露わにされる

    ケースもあるため、丁寧かつ柔軟な対応がコールセンター側には求められます。弊社はEC販売におけるコールセンターと受注管理代行を10年以上実施する中で、EC物流企業だからこそ可能な顧客対応ノウハウを作り上げてきました。
    例えば、写真と現物との違いによる返品・交換希望など、明確な責任区分の線引きが難しくナイーブな局面において、現物を見ながらユーザー様に寄り添って対応することを徹底しております。商品の購入を検討しているユーザー様には色味、質感、肌触りといったリアルな情報をお伝えし、購入のお手伝いをさせて頂くことも多々あります。さらに、集荷ギリギリまで同梱依頼や商品の変更依頼を快諾することで、ユーザー様がより買い物をしやすいように尽力させていただいております。
    弊社の受注管理代行を活用いただくことでユーザー様に安心いただき、「感じの良い対応で欲しい商品が購入できた!」と感じていただければ、次回の購入確率もぐっと高まるとともに、LTVの増加に繋がるのではないでしょうか。