• システム
  • 在庫管理

在庫管理システムの選び方と導入メリット

在庫管理システムは、企業が在庫を効率的に管理し、コストを削減するための重要なツールです。この記事では、在庫管理システムの選び方や導入メリットについて詳しく解説します。

在庫管理システムの基本

在庫管理システムとは

在庫管理システムは、企業が在庫を効率的に管理するためのソフトウェアです。 入出庫や在庫の状況をリアルタイムで把握することができます。 在庫管理システムは、企業にとって欠かせないツールとなりつつあり、近年では、クラウド型やAI搭載など、様々な機能が搭載されたシステムが登場しています。 在庫管理システムは、企業の経営資源である在庫を効率的に管理し、無駄を削減することで、利益の最大化を目指します。 在庫管理システムの導入は、企業の競争力強化に大きく貢献します。 在庫管理システムの歴史は古く、初期のシステムは、主に手作業による管理や、スプレッドシートを用いた管理が行われていました。 しかし、企業の規模拡大や業務の複雑化に伴い、手作業による管理では限界が生じ、より効率的な在庫管理システムの必要性が高まりました。 1980年代には、コンピュータを用いた在庫管理システムが登場し、在庫管理の効率化に大きく貢献しました。 その後、インターネット技術の発展に伴い、クラウド型在庫管理システムが登場し、近年では、AI技術の活用により、より高度な在庫管理システムが開発されています。

▶︎在庫管理についてはこちら

在庫管理システムのメリット

在庫管理システムを導入することで、在庫の最適化、コスト削減、業務効率化が期待できます。 また、在庫管理システムは、企業の競争力強化にも役立ちます。 在庫管理システムの導入によって、企業は以下のようなメリットを得られます。

在庫管理システムの種類

クラウド型在庫管理システム

クラウド型在庫管理システムは、インターネットを通じて利用できるため、どこでもアクセス可能です。 初期費用が低く、導入しやすいというメリットがあります。 また、システムの更新やメンテナンスも、クラウドサービス提供者が行うため、企業側での負担が軽減されます。 クラウド型在庫管理システムは、近年、導入企業が増加しています。 その理由は、初期費用が低く、導入しやすいこと、システムの更新やメンテナンスが不要であることなどです。 クラウド型在庫管理システムは、中小企業にとって特に魅力的な選択肢となっています。 例えば、AmazonのFBA(FulfillmentbyAmazon)は、クラウド型在庫管理システムの一例です。 FBAでは、Amazonが商品の保管、配送、顧客対応などを代行するため、企業は在庫管理の負担を大幅に軽減することができます。 また、Amazonの広大なネットワークを活用することで、迅速な配送を実現することも可能です。

オンプレミス型在庫管理システム

オンプレミス型在庫管理システムは、社内サーバーにインストールして使用します。 セキュリティ面での利点があり、自社でシステムを管理できるため、データの安全性が高いというメリットがあります。 ただし、初期費用や運用コストが高く、システムの更新やメンテナンスも自社で行う必要があるため、専門知識や人材が必要となります。 オンプレミス型在庫管理システムは、セキュリティ面で高い信頼性を求める企業に適しています。 ただし、初期費用や運用コストが高いため、導入には慎重な検討が必要です。 例えば、金融機関や医療機関など、機密性の高いデータを扱う企業では、オンプレミス型在庫管理システムが採用されることが多いです。 オンプレミス型在庫管理システムは、自社でシステムを管理できるため、セキュリティ面で高い信頼性を確保することができます。

パッケージ型在庫管理システム

パッケージ型在庫管理システムは、事前に開発されたソフトウェアを購入し、導入します。 比較的低コストで導入可能で、すぐに利用を開始できるというメリットがあります。 ただし、自社の業務に合わない場合は、カスタマイズが必要となる場合があります。 パッケージ型在庫管理システムは、導入コストを抑えたい企業に適しています。 ただし、自社の業務に合わない場合は、カスタマイズが必要となるため、注意が必要です。 例えば、中小企業向けの在庫管理システムとして、パッケージ型在庫管理システムが広く利用されています。 パッケージ型在庫管理システムは、導入コストが低く、すぐに利用を開始できるため、中小企業にとって魅力的な選択肢となっています。

在庫管理システムの導入ステップ

【導入ステップ①】自社に適した在庫管理システムの選定

まずは自社の業務に適した在庫管理システムを選定します。 自社の規模、業種、在庫の種類、管理の目的などを考慮し、最適なシステムを選びましょう。 在庫管理システムの選定は、企業にとって非常に重要なプロセスです。 適切なシステムを選定することで、在庫管理の効率化を図り、企業の利益向上に貢献することができます。
システム選定の際には、以下の点を考慮する必要があります。
・自社の業務プロセス
・必要な機能
・導入コスト
・運用コスト
・セキュリティ
・サポート体制
システム選定は、企業の規模や業種によって異なります。 例えば、中小企業では、導入コストや運用コストを抑えられるクラウド型在庫管理システムが適している場合があります。 一方、大企業では、セキュリティ面や機能面で高度な要求があるため、オンプレミス型在庫管理システムが適している場合があります。

【導入ステップ②】在庫管理システムのカスタマイズ

選定したシステムを自社のニーズに合わせてカスタマイズします。 システムのカスタマイズには、専門知識が必要となるため、システムベンダーに依頼するのが一般的です。 システムのカスタマイズは、自社の業務プロセスに最適なシステムを構築するために必要です。 システムベンダーは、自社の業務プロセスに関する深い知識と経験を持っているため、カスタマイズを依頼することで、より効率的なシステムを構築することができます。
システムのカスタマイズには、以下の項目が含まれる場合があります。
・画面のカスタマイズ
・ 機能の追加
・ データベースのカスタマイズ
・インターフェースの変更
システムのカスタマイズは、導入コストや開発期間が長くなる可能性があるため、慎重に検討する必要があります。

【導入ステップ③】OJT|社員の教育とトレーニング

システム導入に合わせて社員への教育とトレーニングを行います。 社員がシステムを正しく理解し、操作できるようにすることで、システム導入の効果を最大限に引き出すことができます。 社員の教育とトレーニングは、システム導入成功の鍵となります。 社員がシステムを正しく理解し、操作できるようになることで、システムの利用率を高め、導入効果を最大限に引き出すことができます。
社員の教育とトレーニングには、以下の内容が含まれます。
・システムの基本操作
・ 機能の使い方
・データの入力方法
・トラブルシューティング
社員の教育とトレーニングは、導入前に計画的に行うことが重要です。 導入前に社員がシステムを理解しておくことで、導入後のスムーズな運用が可能になります。

おすすめの在庫管理システム

Aladdin Office

AladdinOfficeは、豊富な機能を持つ在庫管理システムです。 中小企業から大企業まで幅広く対応します。 在庫管理だけでなく、受発注管理、売上管理、顧客管理などの機能も備えています。 AladdinOfficeは、豊富な機能と高い操作性を持つ在庫管理システムとして、多くの企業から支持されています。 中小企業から大企業まで幅広い企業に対応しており、様々なニーズに対応できるシステムです。

MieLU

MieLUは、シンプルで使いやすいインタフェースを持つ在庫管理システムです。 中小企業向けのシステムで、在庫管理の基本機能を網羅しています。 MieLUは、シンプルで使いやすいインターフェースを持つため、初心者でも簡単に操作できます。 中小企業向けのシステムとして、導入しやすい価格設定も魅力です。

ロジクラ

ロジクラは、クラウド型在庫管理システムで、リアルタイムで在庫の状況を把握できます。 在庫管理だけでなく、物流管理、倉庫管理などの機能も備えています。 ロジクラは、クラウド型在庫管理システムとして、リアルタイムで在庫の状況を把握できることが大きな特徴です。 在庫管理だけでなく、物流管理、倉庫管理などの機能も備えているため、物流業務全体の効率化を図ることができます。

SANTA

SANTAは、在庫管理システムを包括する倉庫管理システム(WMS: Warehouse Management System)で、在庫管理の効率化とリアルタイムの在庫状況把握を目的としています。主な機能として、在庫の受け入れ、保管、ピッキング、梱包、出荷までの全プロセスを管理し、欠品や過剰在庫を防ぎます。また、最適なピッキング経路を計算して出荷指示を生成し、配送業者との連携をスムーズに行います。リアルタイムで在庫や作業プロセスを追跡し、迅速な意思決定をサポートすることで、スペースの有効活用と在庫管理の精度向上を実現します。

▶︎カスタマイズ性の高いWMS”SANTA”についてはこちら

在庫管理システムを導入するメリット

【導入メリット】在庫の見える化による最適化

在庫管理システムを導入することで、過剰在庫や品切れを防ぎ、在庫の最適化を図ることができます。 在庫の最適化により、在庫保管コストや機会損失を削減することができます。 在庫の最適化は、企業にとって非常に重要な課題です。 過剰在庫は、保管コストや廃棄コストの増加につながります。 一方、品切れは、顧客満足度の低下や売上機会の損失につながります。 在庫管理システムは、これらの問題を解決し、在庫の最適化を図るための有効な手段です。 在庫管理システムは、在庫の回転率や在庫の滞留期間などを分析することで、在庫の最適化を図ることができます。 例えば、在庫の回転率が低い商品については、発注量を減らすことで、過剰在庫を防ぐことができます。 また、在庫の滞留期間が長い商品については、販売戦略を見直すことで、品切れを防ぐことができます。

【導入メリット】業務効率の向上|ヒューマンエラーの削減

在庫管理システムにより、在庫の入出庫作業が効率化され、業務効率が向上します。 在庫管理システムは、在庫の入出庫データや在庫状況を自動的に記録するため、人為的なミスを減らすことができます。 在庫管理システムは、在庫の入出庫作業を自動化することで、人為的なミスを減らし、業務効率を向上させることができます。 また、在庫管理システムは、在庫の入出庫データや在庫状況をリアルタイムで把握できるため、迅速な意思決定を可能にします。 例えば、在庫管理システムでは、在庫の入出庫データや在庫状況を自動的に記録することができます。 これにより、人為的なミスを減らし、在庫管理の精度を高めることができます。 また、在庫管理システムは、在庫の入出庫データや在庫状況をリアルタイムで把握できるため、迅速な意思決定を可能にします。 例えば、在庫が不足している場合、在庫管理システムは、自動的に発注を行うことができます。 これにより、品切れを防ぎ、顧客満足度を高めることができます。

【導入メリット】在庫や時間のコスト削減

正確な在庫管理により、不必要な発注や在庫の無駄が減り、コストの削減が可能です。 在庫管理システムは、在庫の回転率や在庫の滞留期間などを分析することで、在庫管理の改善点を見つけることができます。 在庫管理システムは、在庫の回転率や在庫の滞留期間などを分析することで、在庫管理の改善点を見つけることができます。 これらの分析結果に基づいて、在庫管理の改善策を講じることで、コスト削減を実現することができます。 例えば、在庫管理システムは、在庫の回転率を分析することで、売れ筋商品と死に筋商品を把握することができます。 売れ筋商品については、発注量を増やすことで、品切れを防ぎ、売上機会を増やすことができます。 一方、死に筋商品については、発注量を減らすことで、過剰在庫を防ぎ、保管コストを削減することができます。 また、在庫管理システムは、在庫の滞留期間を分析することで、在庫の回転率を改善することができます。 例えば、在庫の滞留期間が長い商品については、販売戦略を見直すことで、在庫の回転率を改善することができます。

まとめ

在庫管理システムは、企業の在庫管理を効率化し、コスト削減と業務効率向上に寄与します。 自社に適したシステムを選び、適切に導入することで、その効果を最大限に引き出すことができます。 在庫管理システムの導入を検討している企業は、自社のニーズや課題を明確にし、最適なシステムを選びましょう。 在庫管理システムは、企業にとって非常に有効なツールです。 適切なシステムを導入することで、在庫管理の効率化を図り、企業の利益向上に貢献することができます。 在庫管理システムの導入は、企業にとって大きな投資となります。 しかし、適切なシステムを導入することで、その投資は必ず回収できるはずです。 在庫管理システムの導入を検討している企業は、ぜひ導入メリットを理解し、自社にとって最適なシステムを導入しましょう。