• 在庫管理
  • 製造業

【製造業必見】在庫管理の課題を解決!管理手法を徹底解説

【製造業の悩みの種】在庫管理の基礎とは

在庫とは

在庫とは、企業や店舗が保有している商品や原材料のことを指します。販売を目的とした完成品や、製品を作るために必要な原材料、製造過程にある途中の製品、そして製造や運営において補助的に使用される材料が含まれます。製品在庫は店頭に並べられる商品や倉庫に保管されている商品を指し、原材料在庫は部品や原料を意味します。半製品在庫は製造の途中段階にあるもので、補助材料在庫は包装材や消耗品などが該当します。

在庫管理とは

在庫管理は、企業が保有する製品や部品の数、場所、価値を把握し、最適な状態を維持するためのプロセスを指します。在庫管理は、製造業において非常に重要な役割を果たし、適切な在庫管理を行うことで、生産効率の向上、納期の短縮、コスト削減、顧客満足度の向上など、様々なメリットが期待できます。

▶︎在庫管理についてはこちら!

製造業における在庫の種類

製造業では、製品を製造するために必要な様々な種類の在庫が存在します。主な在庫の種類としては、以下の三つが挙げられます。

【在庫の種類1】部品・原材料(素材)
部品は製品を構成するパーツ、原材料は製品を作るための基本素材です。例えば、自動車のエンジンや鉄鋼がこれに当たります。これらの在庫管理にはいくつかの注意点があります。まず、需要予測を正確に行い、適正な発注量を設定することが重要です。これにより、過剰な在庫や不足を防げます。

【在庫の種類2】仕掛品
仕掛け品とは、製品の製造過程にあり、まだ完成していない中間状態のものを指します。例えば、自動車の組み立て途中の車体などがこれに当たります。仕掛け品の在庫管理で重要なのは、まず、進捗状況を正確に把握することです。これにより、製造ラインの効率を高め、遅延を防げます。また、仕掛け品が適切に保管され、埃や汚れがつかないように保管し品質が維持されるようにすることが必要です。

【在庫の種類3】完成品
完成品とは、製造過程がすべて終わり、出荷や販売が可能な状態の製品を指します。例えば、自動車メーカーの工場で組み立てを終えた車や、食品工場で包装を終えた商品がこれに当たります。完成品の在庫管理で重要なのは、まず、適切な在庫量を維持することです。これにより、顧客の需要に迅速に対応でき、販売機会を逃さずに済みます。また、在庫の回転率を高め、古い在庫が溜まらないようにすることも必要です。品質管理も大切で、保管環境を整え、劣化や損傷を防ぐことが重要です。

製造業における在庫管理の重要性

効果的な在庫管理は、製造業の経営効率を大きく左右する重要な要素です。適切な在庫管理を行うことで、以下のメリットが期待できます。

【在庫管理の重要性1】キャッシュフローの改善
在庫は、企業にとって大きな資産であり、過剰な在庫を抱えることは、資金の無駄遣いとなります。適切な在庫管理を行うことで、過剰在庫を削減し、資金効率を向上させることができます。

【在庫管理の重要性2】生産効率の向上
適切な在庫管理を行うことで、必要な部品や材料が不足することなく、生産をスムーズに進めることができます。これにより、生産効率が向上し、納期短縮やコスト削減につながります。

【在庫管理の重要性3】顧客満足度の向上
適切な在庫管理を行うことで、顧客からの注文に対して、迅速かつ正確に製品を供給することができます。これにより、顧客満足度が向上し、リピート率の向上や新規顧客獲得につながります。

【在庫管理の重要性4】供給リスクの低減
適切な在庫管理を行うことで、部品や材料の不足による生産停止のリスクを低減することができます。また、災害や事故などの突発的な事態が発生した場合でも、安定した供給を確保することができます。

在庫管理のプロセス

最小限の数『適正在庫数』を設定

適正在庫数を設定することは、在庫管理において最も重要な要素の一つです。適正在庫数は、多すぎても少なすぎても問題があり、適切なレベルを設定することが重要です。適正在庫数を設定する際には、以下の要素を考慮して適正在庫を設定るす必要があります。

・需要予測
需要予測は、将来の製品需要を予測することです。需要予測には、過去の販売実績や市場動向などのデータに基づいた統計的手法や、専門家の意見に基づいた主観的手法などがあります。

・リードタイム
リードタイムは、注文から製品が納品されるまでの時間です。リードタイムには、発注から納品までの時間、製造時間、輸送時間などが含まれます。

・在庫保管費用
在庫保管費用は、在庫を保管するために必要な費用です。在庫保管費用には、倉庫賃料、人件費、保険料などが含まれます。

・在庫不足費用
在庫不足費用は、在庫が不足することによって発生する費用です。在庫不足費用には、顧客からの注文をキャンセルせざるを得ない場合の機会損失や、緊急発注による追加費用などが含まれます。

・在庫過多費用
在庫過多費用は、過剰な在庫を抱えることによって発生する費用です。在庫過多費用には、在庫保管費用、在庫の陳腐化による損失、資金の拘束などが含まれます。

適正在庫数は、これらの要素を総合的に考慮して設定する必要があります。

在庫数のリアルタイム『可視化』

在庫数の見える化は、今の在庫状況をリアルタイムで把握できるので、発注や生産計画がスムーズに進み、無駄なコストを減らせます。お客様にも迅速に対応でき、満足度がアップします。在庫数の可視化には、以下の方法があります。

・手作業による在庫管理
手作業による在庫管理は、最も基本的な方法です。在庫の入出庫を記録し、定期的に在庫数をカウントすることで、在庫状況を把握します。

・バーコード管理システム
バーコード管理システムは、バーコードリーダーを使って在庫の入出庫を記録し、在庫数を管理するシステムです。手作業による在庫管理に比べて、効率的に在庫管理を行うことができます。

・RFID管理システム
RFID管理システムは、RFIDタグを使って在庫の入出庫を記録し、在庫数を管理するシステムです。バーコード管理システムに比べて、より正確かつリアルタイムに在庫状況を把握することができます。

・在庫管理システム
在庫管理システムは、在庫の入出庫、在庫数の管理、発注管理、在庫分析などを一元的に管理するシステムです。在庫管理システムを導入することで、より効率的に在庫管理を行うことができます。

在庫に応じたオペレーション

在庫状況に応じて、適切な生産スケジュールや業務運営を行うことが重要です。例えば、在庫が不足している場合は、緊急発注を行い、生産計画を調整する必要があります。逆に、在庫過多の場合は、生産量を調整したり、在庫処分を行う必要があります。 在庫に応じたオペレーションを行うためには、以下のことが把握しておくことが重要です。

1.在庫状況の把握
リアルタイムに在庫状況を把握することで、適切なオペレーションを行うことができます。

2.需要予測
需要予測に基づいて、適切な生産計画を立てることができます。

3.柔軟な対応
市場の変化や突発的な事態に柔軟に対応できる体制を整える必要があります。

製造業における在庫管理の課題

課題①『過剰在庫・在庫不足』

製造業におけるよくある課題として、過剰在庫と在庫不足があります。過剰在庫は保管コストの増加や資金の無駄遣いを引き起こし、在庫不足は生産の遅延や顧客満足度の低下を招きます。この課題を解決するためには、過去のデータ分析による需要予測の精度向上や、在庫品を重要度に基づいて管理するABC分析の導入が有効です。

課題②『リードタイムの延長』

もう一つの課題はリードタイムの延長です。リードタイムが長いと在庫の回転率が低下し、資金の流動性が悪化します。この問題に対処するためには、サプライチェーン全体をリアルタイムで把握できるシステムの導入や、サプライヤーとの協力関係強化が重要です。これにより、納期の遵守や品質向上を図ることができ、製造工程全体の効率化が期待できます。また、バーコードやRFID技術を活用して在庫データの正確性を高めることも効果的です。

課題③『データの正確性』

さらに、データの正確性も大きな課題です。手作業によるデータ入力はヒューマンエラーのリスクを伴います。これを解決するためには、バーコードやRFID技術の導入による自動化が必要です。自動化技術を活用することで、在庫の入出庫を自動で記録し、データの正確性を向上させることができます。

課題③『在庫回転率の低下』

最後に、在庫回転率の低下も問題となります。在庫が長期間保管されると劣化や陳腐化のリスクが高まります。これに対処するためには、販売促進キャンペーンの実施や定期的な在庫見直しが有効です。特定の商品の販売促進キャンペーンを行うことで、在庫の回転率を上げ、不要な在庫を減らすことができます。

在庫管理を最適化する『在庫管理システム』

在庫管理システム導入のメリット

在庫管理システムを導入することでリアルタイムに在庫状況を把握することができます。これにより、適切な発注や生産計画を立てることができます。他にも在庫管理業務の効率化を図ることができます。これにより、人材不足の解消やコスト削減につながります。さらに 在庫管理システムには、在庫分析機能が搭載されているものがあります。在庫分析機能を利用することで、在庫の滞留期間や回転率などを分析し、在庫管理の改善に役立てることができます。最後にリアルタイムに在庫状況を把握することで、顧客からの注文に対して、迅速かつ正確に製品を供給することができます。これにより、顧客満足度が向上します。

在庫管理システム3つのタイプを紹介

市場には様々な在庫管理システムがあり、それぞれの特性を理解して選定することが重要です。

・クラウド型在庫管理システム
クラウド型在庫管理システムは、インターネットを通じて利用できる在庫管理システムです。初期費用が低く、導入が容易な点が特徴です。

・オンプレミス型在庫管理システム
オンプレミス型在庫管理システムは、自社のサーバーにインストールして利用する在庫管理システムです。セキュリティ面で優れている点が特徴です。

・特定業種向け在庫管理システム
特定業種向け在庫管理システムは、製造業、卸売業、小売業など、特定の業種に特化した在庫管理システムです。業種に特化した機能が充実している点が特徴です。

システム連携による一元管理が可能に

既存の生産管理システムや販売管理システムと在庫管理システムを連携することで、在庫管理を包括的に最適化することができます。システム連携により、以下のメリットが期待できます。

・データの一元管理
複数のシステムで管理していたデータを一元管理することで、データの整合性を確保することができます。

・業務効率の向上
システム連携により、データの入力作業やデータの照合作業などを自動化することができます。これにより、業務効率が向上します。

・意思決定の迅速化
データの一元管理により、必要な情報に迅速にアクセスすることができます。これにより、意思決定を迅速化することができます。

▶︎在庫管理システムついてはこちら!

まとめ

在庫管理の最適化は、製造業において不可欠な要素です。適切な在庫管理手法とシステムの導入により、効率的な生産と安定した供給を実現しましょう。