• ネットショップ
  • 在庫管理

効果的なネットショップ在庫管理の方法とその重要性

ネットショップにおける在庫管理の重要性

ネットショップにおいて、在庫管理は非常に重要です。ここでは在庫管理が重要とされている「3つの理由」について解説します。

商品の在庫切れを防止する

在庫切れは顧客にとって不満を与えることになるため、顧客離れのリスクが生じます。また、せっかく集客したにもかかわらず、商品が販売できない状況は、売上機会の損失に直結します。適切な在庫管理を行うことで、常に商品を販売可能な状態を維持し、顧客満足度を高めながら、売上拡大につなげることが可能になります。

店舗の信頼性を向上させる

顧客が求める商品を常に安定的に提供できることは、顧客満足度を高めるうえで非常に重要です。在庫切れが頻繁に発生すると、顧客は商品を入手できない不安を感じ、店舗に対する信頼を失ってしまう可能性があります。安定した在庫管理は、顧客に安心感を与えるとともに、リピート率向上にも貢献します。

保管スペースを最適化する

過剰な在庫を抱えていると、保管スペースの無駄遣いだけでなく、在庫管理にかかるコストも増加してしまいます。適切な在庫管理により、必要な商品を必要なだけ保有することで、保管スペースの有効活用を実現し、コスト削減にもつながります。

在庫管理の基本的な方法

在庫管理には大きく分けて以下の3パターン方法があります。

・自分で在庫管理を行う
・在庫管理システムを利用する
・在庫管理を行っている業者に依頼する

自分で在庫管理を行う

もっともカンタンな方法として、エクセルなどの表計算ソフトを使い、手動で在庫を管理する方法があります。手動での在庫管理は、初期費用が抑えられるという点がメリットです。しかし、商品数が増加したり、販売チャネルが増加したりすると、管理が複雑化し、時間と労力を要するようになります。また、人為的なミスが発生するリスクも高まります。

在庫管理システムを導入する

在庫管理専用のシステムを導入することで、業務の効率化と正確性の向上が図れます。在庫管理システムは、商品入出庫の管理、在庫数の確認、発注管理など、さまざまな機能を備えています。コストはかかりますが、手作業によるミスが減り、在庫管理業務の効率化を図れます。また、リアルタイムな在庫状況を把握することで、適切な発注タイミングを判断し、在庫不足や過剰在庫を防げます。

外部の在庫管理サービス業者に委託する

外部の在庫管理サービスに業務を委託することで、自社リソースの最適化が図れます。在庫管理サービスは、在庫管理システムの機能に加えて、倉庫管理や配送業務などのサービスを提供している場合もあります。自社で在庫管理を行うためのリソースが不足している場合や、専門的な知識やノウハウが必要な場合は、外部のサービスを活用することで、業務効率の向上とコスト削減を期待できます。

▼関連記事
ネットショップ運営委託における業務内容や費用相場について解説

おすすめの在庫管理の選び方

在庫管理システムの選定は、企業の運営効率やお客様満足度に大きく影響する重要な作業です。以下に、在庫管理システムを選ぶ際に考慮すべきポイントと、おすすめの選び方を具体的に説明します。

業務に合った機能の確認

在庫管理システムの主な目的は、商品管理を効率化し、一元管理することです。商品管理には、仕入れ、入荷、出庫、売れ行きなど多くの作業が含まれます。これらの作業を一括で管理できるシステムを選ぶことが重要です。とくに、実店舗とオンラインショップ(Amazonやbaseなど)を統合して管理できる機能があると、全体の在庫状況を把握しやすくなります。

また、エクセルデータのインポート・エクスポートが可能なシステムを選ぶと、既存の資料やデータを簡単に移行できます。エクセルで作成した在庫リストを一括でシステムに入力できると、作業の手間が省けます。

API連携
外部業者やモールとのAPI連携が可能なシステムは、入庫、出庫、入荷などの作業を自動化し、業務効率化を図れます。たとえば、仕入れ先の業者とAPI連携することで、仕入れ情報を自動でシステムに反映させられます。

自動発注
売れ筋商品の予測と自動発注機能を持つシステムは、売れ行きの良い商品を適時に補充し、機会損失を防ぐのに役立ちます。自動発注機能は、過去の販売データをもとにした売れ行き予測を行い、余剰在庫の発生を防ぐことも可能です。

料金体系の確認

多くのシステムは無料試用期間を提供しており、実際に操作感を試せます。無料試用期間を活用し、システムが自社のニーズに合うかをチェックしましょう。試用期間中に、主要な機能を使ってみて、操作のしやすさや業務効率化の効果を確認することが大切です。

次に月額料金や従量課金制の有無を確認します。料金体系が明確で、予算に合ったプランを選びましょう。多くのシステムは、使用規模や機能に応じたプランを提供しており、中小企業向けのリーズナブルなプランから、大企業向けの充実したプランまで用意されています。追加課金が発生する可能性があるため、その内容も把握しておくことが大切です。たとえば、特定の機能を追加で利用する場合に課金が発生することがあるため、その点を確認しておく必要があります。

システムの操作性は難しくないか

システムの操作が簡単で、誰でもやすく使えるかどうかも重要です。直感的な画面設計で、少ないトレーニングでスタッフが使えるシステムを選びましょう。実際に現場で使うスタッフがスムーズに操作できるかどうかを確認するために、無料試用期間中に現場のスタッフに使ってもらうことが有効です。

サポート体制が充実しているか

365日24時間対応のサポートがあるか、電話やメールでのサポートが充実しているか確認しましょう。導入事例や導入後のサポートの質も重要なポイントです。たとえば、システムにトラブルが発生した場合に迅速に対応してもらえるか、システムの使い方に関する質問に対して適切なサポートが受けられるかなどを確認します。サポート体制が充実しているシステムを選ぶことで、導入後の運用がスムーズになります。

システムの柔軟性と拡張性

店舗や拠点が増えた場合に対応できるシステムかどうか、拡張性があるかを確認しましょう。実店舗、オンラインショップともに連携ができるか、拡張性が高いシステムは将来の経営においても役立ちます。たとえば、新たに店舗を開業した場合でもスムーズに在庫管理を拡張できるシステムを選びましょう。

新しい機能やアプリを追加でダウンロードできるかどうかもポイントです。たとえば、繁忙期には特定の機能を強化するなど、柔軟に対応できるシステムが理想的です。繁忙期には在庫の動きが激しくなるため、その時期に対応するための特定の機能を追加できるシステムを選ぶことで、業務効率化が図れます。

関連機能の確認

実店舗のPOSシステムとの連携が可能かどうか、売上データがリアルタイムで反映されるか確認します。POSシステムとの連携ができると、実店舗の売上データを自動で在庫管理システムに反映できるため、在庫の把握が容易になります。 エクセルデータの一括入力や外部業者とのAPI連携により、在庫管理の効率化を図りましょう。エクセルを使った在庫管理からシステムへの移行がスムーズに行えると、導入時の負担が軽減されます。外部業者とのAPI連携が可能なシステムは、仕入れや入荷情報を自動で取り込めるため、在庫管理の精度が向上します。

具体的な選定・導入ステップ

在庫管理システムを選ぶ際には、自社のニーズに合った機能と料金プラン、導入のしやすさ、サポート体制を総合的に考慮することが重要です。

STEP1:自社の在庫管理の現状と課題を把握する

まず自社の在庫管理の現状と課題を把握し、必要な機能をリストアップします。どこに課題があるかを徹底的に考えることが大切です。たとえば、仕入れのタイミングや余剰在庫の発生が課題であれば、自動発注機能が重要になります。

STEP2:複数の在庫管理システム・サービスを比較する

そして複数の在庫管理システムの料金プラン、機能、導入事例を比較します。webサイトや動画、資料を参考にして選定します。各システムの特徴やデメリットを把握し、自社に最適なシステムを見つけます。また、ほか拠点での在庫管理やAPI連携、エクセルとの互換性など、現場の業務効率化につながる機能が充実しているシステムかどうかもチェックしておきましょう。

STEP3:無料期間を利用し操作性を確認する

無料試用期間を利用し、実際にシステムを使ってみます。スタッフの操作感や業務効率化の効果をチェックします。試用期間中に、各機能が自社の業務にどの程度適しているかを確認し、実際の運用におけるメリットとデメリットを評価します。

STEP4:サービス提供会社に利用申込の申請をする

上記のステップで問題なさそうであれば、サービスを提供している会社に契約するための申請をします。営業担当者がついている場合、直接問い合わせて契約を進めると安心できます。なお、契約期間や料金など、重要な内容は再確認したうえで進めるようにしましょう。

在庫管理システムの有用性

在庫切れはビジネスにとって大きな損失を意味します。顧客満足度の低下や売上機会の損失を防ぐためには、効果的な在庫管理戦略が必須です。ここでは、在庫切れを防ぐための5つの手法を紹介します。これらの方法を適用することで、需要の変動に柔軟に対応し、ビジネスの効率を高めることが可能になります。

1)適切なリオーダーポイントの設定

リオーダーポイントとは、在庫を再注文するべき最適なタイミングを示します。このポイントは、商品のリードタイム(注文から受け取りまでの期間)と平均日販売量を考慮して設定されます。適切なリオーダーポイントを設定することで、在庫切れのリスクを最小限に抑えつつ、過剰在庫による不必要なコストを避けられます。具体的には、安全在庫量を加えることで予期せぬ需要の増加や供給の遅れにも対応できるようにします。

2)ABC分析による在庫品質の管理

ABC分析は、在庫品を価値や消費速度に基づいてカテゴライズする手法です。Aカテゴリーは最も価値が高く、売上に大きく貢献する商品群、Bカテゴリーは中間、Cカテゴリーは価値が最も低い商品群に分類されます。この分析により、資源を効率的に配分し、Aカテゴリーの商品に重点を置いた在庫管理をおこなえます。結果として、在庫コストを削減しつつ、売上機会を最大化することが可能になります。

3)ドロップシッピングの活用

ドロップシッピングは、在庫を保持せずに商品を販売するモデルです。注文が入ると、製造業者や卸売業者が直接顧客に商品を発送します。この方法を採用することで、在庫リスクを大幅に軽減し、初期投資を抑えながら商品ラインナップを拡大できます。また、在庫管理の手間が省けるため、ビジネスオーナーはマーケティングや顧客サービスの向上により多くの時間を割けるようになります。

4)多チャネル在庫統合

多チャネル販売を行う際には、各チャネル間で在庫情報を一元管理することが重要です。在庫統合システムを使用することで、リアルタイムでの在庫情報の共有が可能になり、在庫切れや過剰在庫を防げます。これにより、顧客満足度の向上と効率的な在庫管理が実現し、売上の最大化に貢献します。

5)自動化と在庫管理ソフトウェアの利用

在庫管理ソフトウェアを利用することで、在庫の追跡、発注、受領が自動化され、在庫の精度が大幅に向上します。自動化により、手動でのデータ入力ミスを減らし、時間を節約できます。また、最適な在庫レベルの維持、リオーダーポイントの自動計算、需要予測など、高度な機能を活用することで、より効果的な在庫管理が可能になります。これらのツールは、ビジネスの規模やニーズに合わせて選択することが重要です。

ネットショップ特有の在庫管理の工夫

ネットショップ特有の在庫管理については、以下にご紹介する4つのポイントをおさえておきましょう。

在庫数をリアルタイムで表示する

顧客に現在の在庫数を示すことで、購買意欲を刺激します。ネットショップでは、顧客は商品の在庫状況をリアルタイムで確認したいと考えています。在庫数を表示することで、顧客は商品の入手可能性をすぐに把握でき、安心して購入できます。また、残りわずかであることを示すことで、顧客の購買意欲を高める効果も期待できます。

入荷予定を共有する

次回の入荷予定日を表示することで、迷っている顧客に安心感を提供します。入荷予定日を共有することで、顧客は商品を手に入れるための計画を立てやすくなり、店舗への信頼感も高まります。

ソーシャルメディアで入荷通知を行う

入荷情報をSNSで告知し、フォロワーの購買意欲を高めます。ソーシャルメディアで入荷情報を発信することで、顧客に最新情報が届き、購買意欲を高められます。また、入荷通知を登録することで、顧客は入荷情報を逃さずに知れるようになります。

統合システムを活用する

実店舗とネットショップの在庫データを一元管理するシステムを導入します。実店舗とネットショップの在庫データを統合管理することで、どちらの販売チャネルでも在庫状況をリアルタイムに把握できます。これにより、在庫の重複や不足を防ぎ、効率的な在庫管理を実現できます。

エクセル管理からWMS(倉庫管理システム)への移行

実店舗やネットショップで在庫管理を行う際、初期段階ではエクセルを使用して数を把握することが一般的です。しかし、商品の種類や数が多い場合、エクセルでは追加作業が頻繁に発生し、時間がかかるうえ、エラーの可能性も高まります。このようなデメリットを克服し、効率的な在庫管理を実現するためには、WMS(倉庫管理システム)への移行がおすすめです。

WMSは一元管理を可能にし、実店舗とネットショップの在庫を一括で管理できます。料金プランも比較しやすく、費用対効果の高いシステムを選べます。無料でダウンロードできる資料を利用して、特徴やプランを比較し、自社に合ったシステムを選ぶことが重要です。お客様向けのソリューションを提供するWMSは、売れる商品の動向を正確に把握し、必要な時に迅速な対応を可能にします。

三協は独自のノウハウをもとに開発したWMS「SANTA」を提供しています。物流品質向やコスト削減をお考えの方は具体的なサービス内容もご覧ください。

→ 倉庫管理システム(WMS)SANTA|EC物流、DtoC(D2C)物流のアウトソーシング、物流センター・倉庫の運営代行なら三協へ

まとめ

効果的な在庫管理はネットショップ運営において欠かせない要素です。適切なツールと方法を選び、確実な在庫管理を実現しましょう。

適切な在庫管理は、ネットショップの運営を成功させるための重要な要素です。在庫管理を徹底することで、顧客満足度向上、売上拡大、コスト削減など、さまざまなメリットが期待できます。本記事で紹介した方法を参考に、自社のネットショップに最適な在庫管理方法を見つけて、効率的な運営を実現しましょう。

▼関連記事
ネットショップの倉庫選びガイド:迷わないためのポイントとコツ