【ECご担当者必見!】倉庫管理システム『WMS』とは?

はじめに

倉庫作業の効率化は物流管理者や現場スタッフにとって、リードタイムの短縮化や在庫精度の向上など、さまざまな課題を解決するために必要不可欠です。近頃はECサイトを運営している企業がフルフィルメントの会社に物流業務を完全委託し、最小限の負担でEC運営するケースが増えています。フルフィルメントサービスは、自社で倉庫を管理することが不要になるためとても便利である一方、生産性の高いEC運営をするためには、デジタル管理が行き届いた物流会社を選択するという視点が必要となります。そこで、目安となるのがWMSのシステム導入です。今回は倉庫管理システム「WMS」について概要やメリットなどを解説します。

そもそもWMSって?

WMS(Warehouse Management System)は「倉庫管理システム」という在庫や入出荷を管理するためのシステムです。物流倉庫において、アナログな入出荷作業が行われていると誤解する方もいますが、実際はデジタル化が進んでおり、WMSはその代表例と言えます。倉庫では、メーカーや製造元から商品を入荷すると検品が行われ、倉庫内に在庫として保管されます。この際にWMSを導入していると、データベース上に商品をバーコードで登録し、手元のハンディターミナルやタブレットなどのデバイス端末で商品の在庫状況や保管場所をリアルタイムで確認することができるのです。

物流業務効率化のためにWMSを導入する企業は多く、WMSの導入により在庫差異の改善やピッキング時の効率化、そして誤ピッキングなどのヒューマンエラーを防ぐことができます。在庫を管理するという点では基幹システムに組み込まれる「在庫管理システム」と類似しているように感じますが、基幹システムは大まかな在庫管理しか出来ず、日々変化する倉庫現場の現状を把握するには不十分と言えます。それに比べてWMSは在庫管理に加え、製造ロットやシリアルナンバーを加味した入出荷管理など、多品種のアイテムを保管する倉庫現場を効率化することができます。後述しますが、弊社ではWMSのカスタマイズに注力しており、お客様の業種・業態・販売施策に最適なWMSをオーダーメイドで構築しております。製造ロットを例にすると、納品先毎に出荷時のロットまたがりを許容するかを判別するフラグを持たせるなど、お客様の希望に合わせた細かいカスタマイズをWMSに施しております。

WMSを導入する4つのメリット

WMSはECのフルフィルメントで強い味方となります。WMSを導入する具体的なメリットは以下の4つです。

メリット1 ヒューマンエラー(人為的ミス)の減少

ミスが起こるほとんどの原因は人の不注意や錯誤によるものです。WMSはこのヒューマンエラーがからむ作業上のミスを減らします。例えば入荷時の検品作業を人が対応した場合、無意識に違うことを考えながら作業をしてしまい、「いつの間にか異なる商品が混じってしまった」ということがあるかもしれません。WMSとバーコードを用いたデジタル管理を徹底していた場合は、商品をスキャンすることで棚入れすべき正しい商品かどうかを機械的に判別するため、アイテムを間違えることはありません。間違った商品をスキャンするとスキャン画面やアラーム音で警告するなど、必ずミスを食い止める仕組みになっており、ヒューマンエラーの減少に繋がるのです。ただし、WMSは全てのヒューマンエラーを無くす万能薬ではありません。スキャンの鳴き漏れや2度鳴きなど、扱う人間が所定のルールから逸脱した場合、当然にシステムは正常に機能しません。三協ではWMSの開発において、“メンタルモデル”や“フールプルーフ”など認知人間工学に基づいたUIの改善や操作手順の効率化を突き詰めることで、「作業者の注意力が散漫だったとしても間違えないシステムと仕組みづくり」を大切にしております。

メリット2 属人化の防止

WMSは物流倉庫での属人化を防ぎ、作業を標準化することが出来ます。属人化が発生すると、特定の社員やアルバイトスタッフを除いて仕事の手順や商品の保管場所が認識されておらず、作業に際して必ずその担当者が必要になり、生産性が低下してしまいます。また、そのスタッフが退職した場合や休暇に入った場合、対応できる件数が低下、もしくは業務が止まってしまうリスクを孕んでいます。WMSを導入すると、全商品の保管位置と在庫数の把握がリアルタイムで出来るようになるため、誰でも入庫作業やピッキングが可能になり、属人化をなくすことが可能です。

メリット3 作業の簡素化

WMSは倉庫内作業を簡素化するメリットもあります。具体的には従来は目視で行っていた伝票と商品の照合作業はスキャンという単純な処理作業によって完結でき、書類と実物の内容が一致しているかを「合わせる・確認する」という行為が完全に不要となります。これにより、ピッキングや検品作業の精度を高めながら、より短時間で業務を行えるようになります。また、作業がシンプルであるため現場責任者が細かく指示を出す必要もなくなり、現場全体の効率化も進みます。弊社のWMSでは、受注管理システムや運送会社のシステムと連携することで、納品書、商品、運送会社の送り状に加えて、チラシやノベルティなどその他の同梱物までをこのシンプルな処理作業で完結させております。「納品書の入れ間違い」や「送り状の添付ミス」といったヒューマンエラーが入る隙をゼロにするとともに、販促施策に対する物流面からのサポートも万全の体制で運用しております。

メリット4 コストの削減

物流現場での最大のコストは人件費です。倉庫作業は現場の状況によって作業量が異なり、取扱商品が増えるほど、ルールは複雑化し業務が非効率的になる傾向があります。特に現場の業務が非効率になると、労働時間の長期化や教育コストの増加により、1商品あたりの人件費が増加します。WMSは作業員が専門知識や長年の経験に基づいて判断・対応していた業務を、システムで処理作業化することにより、作業時間を大幅に短縮化することが可能となります。また、業務の属人性と専門性を排除することにより、入社間もないアルバイトスタッフであっても熟練した作業者と同等レベルの処理作業が可能になるため、作業単価の低減にも繋がります。さらに誤出荷や未出荷の件数が減ることにより、関係各所へ対応する手間や原因究明に掛かる労力も省けるため、コスト削減が期待出来ると言えるでしょう。

三協のWMSの改善事例

 

弊社ではオリジナルのWMS、「SANTA」を自社開発しています。一般的なパッケージ型のWMSとは違い、物流専門の6人の自社SEがお客様毎に毎回フルカスタマイズを施しています。

 

例えば、弊社で取引のある子供服ブランドのA社は基本的に自社店舗で販売し、販売状況に応じて各店舗から倉庫へ商品が戻ってきます。店舗から送られてくる段ボールには様々な商品が一緒に入っており、中にはタグやバーコードが取れてしまっているものも多々あります。戻ってきた商品は自社サイトでネット販売するため、速やかにネット販売用にタグを付け替える必要があり、返品商品の棚入れにはかなりのスピード感が求められます。従って、A社のWMSは返品から棚入れまでの生産性を特に意識したカスタマイズで仕上げています。

他にも別のアパレルブランド様からは、できる限り直前までの販売状況を見て在庫が多く残っているものを福袋として販売したいとのご要望がありました。そこで弊社のSEが売れ残った商材の中で品番とカラーを分散させ、かつサイズが統一されるような福袋が自動的に生成されるピッキングシステムを開発し、WMSに搭載いたしました。これにより、福袋の販売前日まで通常商品の販売を実施し、正真正銘の売れ残った商材の中から福袋の商品が生成されるという効率的なシステムが完成しました。

まとめ

今回は、倉庫管理システムのWMSについてその概要やメリット、事例などについて解説しました。導入することで得られるメリットが多いWMSですが、企業様によってWMSで強化して欲しいポイントは様々で、パッケージ型のWMSでは使い勝手の良い物に出会うのは難しいのが現状です。仮にマッチしたWMSに出会ったとしてもお客様の事業展開に合わせてあるべきWMSの形も変化していくことが予想されます。

また、WMSの導入を考えている方は初期費用だけでなく、ランニングコストやカスタマイズ費用がどれほど掛かってくるのかも考慮する必要があるでしょう。導入まではリーズナブルな価格だったのに、その後カスタマイズを伝えると多額の費用が掛かってしまったというケースは枚挙にいとまがありません。将来的な事業展開も踏まえたうえで、どのようなWMSを導入するのが良いのかを追加コストと時間も考慮した上で考えていただければと思います。

 

自社で物流専門のSEを抱える三協では、余分な外注コストが一切かからないため、カスタマイズの変更なども低価格かつ短納期で対応させていただいております。

1年に300件を超えるカスタマイズを経て進化し続けるWMS“SANTA”

→WMS「サンタ」についてはこちら