物流改善、物流アウトソーシング、EC物流代行なら三協へお任せください

荷主様のご相談例EDI/BMSから即出荷したい

EDI/BMSから即出荷

近年、量販店の多くは多品種、少量多頻度納品の受注スタイルが主流となり、データ量の増加からEDI/BMSを利用しています。受発注業務の省力化、バーコード入力によるデータの高精度化、スピーディーな情報処理、営業マンが販売に専念できる等々のメリットがある反面、物流現場では様々な問題も発生しています。
問題点 当社対策
各量販店によって商品コードや受注番号が異なるケースがあり、データの訂正が必要。 データコンバートによる対応
受注データが統一されていないため在庫確認が容易にできず、各店舗への補充が切れる。 自動でコンピュータ在庫と在庫照合による対応
データチェック漏れがあると作業ミスを起こす。 見やすいピッキングリストによる対応
量販店によって専用伝票が異なる。

システムから量販店毎の専用伝票を発行による対応

概要図
当社のEDI/BMS受信から出荷報告完了までの流れ
EOS夜間自動受信画面

■ EDI/BMS夜間自動受信画面

【1】 データコンバート処理

【2】 自動でコンピュータ在庫と在庫照合

見やすいピッキングリストを即出力

■ 見やすいピッキングリストを即出力

【3】 自社独自のピッキングリスト

各種伝票発行

■ 各種伝票発行

【4】 各種伝票発行

ターンアラウンド1型 ターンアラウンド2型

物流アウトソーシングご相談窓口

大阪・東大阪に物流センターを持ちたい荷主様をはじめ

倉庫・物流アウトソーシングのことなら
地に足物流の三協にお任せください!

倉庫保管 物流加工 検品 品質検査 ギフト ネットショップ支援 他