物流改善、物流アウトソーシング、EC物流代行なら三協へお任せください

物流改善がもたらした働き方改革の達成!

会社名
福島鰹株式会社様
事業内容
削鰹節製造卸売および業務用食品卸売

福島鰹株式会社様へのインタビュー

問題点

  • 営業担当の大きな作業負担
  • 物流業務の属人化
  • 在庫の不一致

改善内容

  • 物流システムの導入
  • 物流拠点の移管

改善結果

  • 在庫管理品質の向上
  • 未経験でも倉庫内の作業が可能に
  • 営業担当の作業負担を削減

濵田部長へのインタビュー---福島鰹という会社はどんな会社ですか?

福島鰹は創業は大正11年になります。

四国松山の沖に浮かぶ中島より知人を頼って上京、当初は相当苦労したと聞いていますが「美味しい鰹節を作れば、きっとわかってもらえる」という思いを貫き、地道に研究を重ね、良いものを作り続けることで徐々に受け入れられ、信頼あるブランドに成長しました。

創業者の魂を受け継ぎ、もっと良いものを作るために今でも改善を続けています。

---物流改善を外部に委託しようと考えたきっかけは何ですか。

労働環境の改善がきっかけになります。

お客様としては、飲食店が多いので夜閉店してから注文が入る事が多く、夜中に電話やFAXで来る注文を早朝から確認し、商品配達までを営業担当が兼務していました。荷物の出し入れについては独自では改善を繰り返してきましたが、商品の保管場所が特定の人間しか分からないなど、業務が特定の人物のスキルに依存してしまう、いわいる属人性の高い業務になっていました。

その結果、在庫差異や誤出荷が頻発しており、その対応のためまた労力が掛かるというまさに負のスパイラル状態でした。それでも経験豊富な熟練スタッフ達が“早い時間からその日の準備”と“遅くまで翌日のための準備”をしてくれていたおかげで、なんとか日々の出荷業務は回せている状況でした。勿論、弊社としても手をこまねいていたわけではありません。何度も物流業務の改善にトライしたのですが、慢性的な保管スペース不足と設備の問題、改善にかかる人員の不足などで実現することが出来ませんでした。

そのような経験を踏まえ、私としては「在庫管理の課題解決のためには、外部組織と協力するのが良いのではないか」いう想いを持っていました。そんな折、営業本部と商品部(物流部門)の移転話が決まりました。場所も一新されるのでこの機会が積年の課題であった物流課題を改善し、労務環境の改善に努めたいと考えました。しかし現実には移転まで3か月と非常にタイトなスケジュールの中、実現が可能か不安はありました。

---確かにタイトなスケジュールでしたが、御社が不安に感じられているのが分かっていたので、敢えて自身満々な態度で商談に入ってました。旗振り役に覇気がなければ実現するものもしなくなりますから。

現場改善の様子

現場改善の様子

業務フロー説明の様子

業務フロー説明の様子



---弊社を選定して頂いた決め手は何でしょうか。

三協さんが開催されている、「倉庫見学会」に参加させていただきました。当日対応してくれたのが阿部さんでした。倉庫内は整然としており、また従業員同士が会話をしなくても業務が遂行するので、とても静かな印象がありました。

特に印象に残っているのが阿部さんとの会話です。「うちの会社の悩みをずっと傍で見てたのでは…」と思ってしまうくらい、弊社が置かれている状況や問題点を理解し、打開策を一緒に考えてくれました。

「ああ、これが物流のプロなのだ、この会社は信頼できる」
それが三協さんにお願いした理由です。

---ありがとうございます。ただ私は貴社の課題というより、他社でも起きている課題と改善策の成功例と失敗例を知っていただけです。最新のシステムを導入して物流が改善しました、なんて話は聞いた事がありませんから。物流改善は泥臭く、時に反発をくらいながらでも推し進めるエネルギーが必要ですから。

---実際に三協のサービスを受けて、どのように感じましたか?

今回は物流コンサルティングとWMSの導入をお願い致しました。社内の軋轢、反発、忖度などもありましたが、なぜ今この物流改革が必要なのか。そこを社内に共有するところまでお手伝い頂き、非常に助かりました。

---ちょっと煙たがられた方もいらっしゃいましたね(笑)

課題の一つでもあった引越しについてもトラックの段取り、スケジューリングまですべて行っていただきました。また実稼働してからは作業に属人性が無くなりました。これまでは特定の人間でしか作業ができませんでしたが、今では大学生のアルバイトが作業をしてくれています。近くに龍谷大学があるのですがそこの学生にきてもらっています。
アルバイトの採用面接まで手伝ってもらいましたね(笑)

引越しの様子

引越しの様子

新社屋 実稼動初日の様子

新社屋 実稼動初日の様子



---最初はなかなか集まりませんでしたけど、継続は力ですね。

当初の目的である労働環境の改善もできてきていると思います。
早朝から出社して凍えるような寒い中で準備するということもなくなりました。
「家族と触れ合う時間が増えた」
従業員が嬉しそうに話しているのを聞くにつれ、当社の選択は正しかったと確信しています。

---御社の今後の展望を教えていただけますか。

濵田部長
海外市場への販売を強化したいですね。日本のこだわりを世界に向けてどんどん売っていきたいです。世界の福島鰹と言われるように、次の世代に向けてより良いものを作り続けたいですね。
挑戦をする中で、物流の問題は避けても通れません。また新たな物流の問題が出てくるかもしれませんが、その時は三協さんにパートナーとして是非協力して欲しいと思います。

インタビュアー:株式会社三協 営業本部 マネージャー 阿部直仁■インタビュアー
株式会社三協
営業本部 マネージャー
阿部直仁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加