物流改善、物流アウトソーシング、EC物流代行なら三協へお任せください

発注データと入荷情報の紐付け

発注データを入荷予定データとして利用することで、入荷時に発注データの消し込みを行い、入荷後の発注業務の効率化を行いました。

これまでの発注入荷作業は、事務所で業者への発注、それを基幹システムに入力してデータ化、荷物が届いてから、現場で同梱されている納品書と商品の確認を行って納品書を事務所に渡し、事務所側で発注データと目視で突き合わせという流れで行っていたが発注データを入荷予定データとして現場で利用することで、デジタルで商品の確認を行い、入荷データを作成事務所はそれを基幹システムに取り込むだけで、突き合わせ処理が完了し、間違いが減り、業務の効率化ができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加