物流改善、物流アウトソーシング、EC物流代行なら三協へお任せください

フリーロケーションでスペースの有効活用と作業の効率化

問題点

  • 空いている棚はあるが、他の商品の置き場所のために置けないことがある
  • どこに何があるのか、きちんと把握できていない

改善内容

  • 固定ロケーションではなく、フリーロケーションを採用する
  • 商品の在庫管理とロケーション管理を連携させる

改善結果

  • スペースの有効活用でき、無駄がなくなる
  • 「どこに、何が、いくつあるのか」、しっかりと把握できる

ロケーションとは

ロケーションとは、倉庫内の商品の保管場所のことです。棚・スペース毎に番号などを振り、「Aという商品は1234という場所にある」という形で管理をします。

ロケーションには、固定ロケーションやフリーロケーションと呼ばれるものがあり、アパレル系のネットショップなどのように商品点数が多い場合、季節毎に商品の入れ替えがある場合には、フリーロケーションが向いています。

固定ロケーションとフリーロケーションについて

固定ロケーションとは、一つの商品を同じ場所に保管することです。とても単純で分かりやすい保管方法ですが、棚などの保管場所が空いていても他の商品は置けないというデメリットがあります。また、決まった保管場所がいっぱいになってしまった場合、ある程度スペースのある他の保管場所を探さなくてはいけません。場合によっては、他に倉庫を借りる必要が出てくることもあります。

フリーロケーションでは、商品毎に保管場所を決めるのではなく、空いている場所に商品を保管していきます。そのため、棚が空いているのに商品を置けないということがなく、スペースを無駄にすることがありません。しかし、「この商品はココ」と決まっているわけではないので、その管理方法は複雑です。適切な管理をしていない場合、どこに何を置いたのか分からなくなってしまう恐れがあります。

在庫とロケーションをシステムで管理

物流イメージ写真

倉庫内のスペースの有効活用ができるフリーロケーション。そのメリットを発揮するには、「何が、どこに、いくつあるのか」をしっかりと管理することが必要です。

そのため、WMS(物流管理システム)で在庫管理とロケーション管理を同時に行います。具体的には、入出庫の際に棚のバーコードと商品のバーコードをそれぞれ読み取ることで、商品名や在庫数、保管場所などのデータをシステムで自動的に入力します。

このように、どこに何があるのかしっかりと管理することで、商品の置き場所に困ることや商品を探す手間をなくすことができます。