物流改善、物流アウトソーシング、EC物流代行なら三協へお任せください

株式会社三協 社長挨拶

ようこそ株式会社三協へ
株式会社三協はこんな会社です。
株式会社三協は、昭和43年に、大手電機メーカーの海外工場向け部品センターの外部倉庫の運営から事業がスタートしました。現在は、e-コマースに伴う物流業務 ( 入荷〜発送迄 ) サポートの他、物流システムの開発・管理等も行う物流アウトソーシング会社に成長し、順調に売り上げを伸ばしています。

単に業務を請け負うだけでなく、お客様ごとの物流ニーズにお応えするために、常に業務の見える化、最適化を心掛け、業務品質向上を目指しています。 「 誤出荷ゼロ 」 を目標に掲げ、一人ひとりが 「 絶対に誤出荷を出さない! 」 という意識を強くもち日々働いています。 「 品質不良で取引が終了した事が一度もない 」 が我が社の自慢です。

大手の物流会社が現場改善と称して大規模なシステムを導入しても、なかなかミスを軽減したり、効率をUPさせることができない中、現場を見て 「 地に足をつけて取り組む 」 ことが大切であると常日頃から、肝に銘じてきました。これは、小さい改善を繰り返し、物流システムに反映させ、それを現場のメンバー一人ひとりが、自らの腹に落し込み実践する、その積み重ねが成果となって表れた結果だと思っています。会社の規模が今より小さかった1999年から、システムエンジニアを採用し、社内IT化を進めてきました。

また、12年以上前にWebデザイン部門も立ち上げ、その頃からWebデザイナーの育成にも力を入れてきました。これは、物流業でも必ずe-コマースの需要が拡大することを確信していたためです。

2003年には、ECO事業部を立ち上げ、太陽光発電メーカー各社の正規代理店として、順調に売り上げを伸ばしています。13年前の立ち上げの時期は、一般家庭用太陽光発電の黎明期であり、すべてが手さぐりの状態からのスタートでしたが、個人ベースでのエネルギー革命を信じ、営業メンバーの努力の甲斐あって、奈良県生駒市に常設のショールームを開設するまでに成長しました。

採用FAQ

Q. 業務内容を教えて下さい。

物流事業部とECO事業部、大きく2つの事業を行っています。

■ 物流事業部

物流=運送、倉庫のイメージが先行しますが、弊社は、入荷〜出荷迄の作業を企業に代わって行う物流業務請負業をコア業務としています。 例えば、Webで商品を購入した際、注文の品が手元に届くまでに、商品は、倉庫から出てからタグ付け、検品、箱詰め、発送など多くの工程 ( 人手 ) を通過して、皆さんの元に届けられます。その一連の作業をメーカーやWebサイト運営会社に代わって行っているのです。

また、その作業を行うためのシステムの導入・開発・管理なども手掛けています。 さらに物流の部分だけでなく、商品を発送してからの商品管理、コールセンター代行、カタログの撮影なども手掛け、商品を販売する企業のニーズにできる限りお応えしていくよう知恵を絞っています。

■ ECO事業部

パナソニック、シャープの正規代理店を皮切りに、大手の太陽光発電製品の販売を行っています。 生駒市の常設ショールームには、6大メーカーの太陽光パネルを展示、実際発電した電力をモニターで比較していただけます。 単に、家庭に訪問し、 「 太陽光発電をつけませんか? 」 という営業だけでなく、産業用発電 ( マンション・工場・公共施設等 )、特にこれからは農家の休耕地を利用した太陽光発電の販路を拡大してゆきます。 今後、エネルギー革命によって生まれるビジネスチャンスをしっかりと掴むために、従来の太陽光発電の営業とは違った提案をしていく必要があると感じています。
Q. 仕事内容を教えて下さい。

物流事業 「 Logi4 ( For ) mation 」

物流事業部の仕事は大きく、「 ヒアリング ( 営業 )」、「 プランニング ( 物流技術管理 )」、「 システム ( 物流SE )」、「 インストール ( 現場責任者 )」 と4つの領域に分かれています。
ロジフォーメーション

■ 営 業

企業から業務を受注する仕事です。 現状の物流データを基に顧客ニーズをお客様企業側、営業、現場それぞれの立場から徹底的にヒアリングを行い、ふさわしいサービスを提案します。

■ 物流技術管理

現場での徹底検証に基づき、業務フローを構築(再構築)し、IT導入など数多くのノウハウを活かした物流プランニングを行います。

■ 物流SE

現場に有効なシステムを構築、IT技術を利用して、情報の共有化を図るためのERP ( 企業の人・物・金・情報などを統合的に管理配分し効率化、最適化をめざず手法 ) 導入、機器類の選定なども行います。

■ 現場責任者

完成したシステム、業務マニュアルを現場 ( アルバイト・パートタイマー ) に定着させる役割です。ルールを現場に徹底し、習慣化させることが大きなポイントです。 そのためには、効率の良いシフト組や、働く人たちのモチベーションの向上も大切な役割の一つです。

お客様に最適なサービスを提供するため4部門がFormationを組み業務に取り組みます。

ECO事業部

一般家庭に直接もしくは、ご紹介で訪問し、太陽光発電システム設置の営業の他、マンション、工場などへの設置も提案しています。

また、専業農家、兼業農家に対して、今後の農業運営に不安があり、土地を売らずに活用する方法として太陽光発電システムを設置することで、新たな収入を確保するご提案をしています。

Q. どんな社風ですか?
会社はまだまだ成長途中です。 いろいろな決まり事や、ルールなども現状に即して変化しているところです。 のんびりとした会社ではなく、最適を目指してみんなが自分たちのできることは何かを常に考えて行動することを求めています。そのため、年齢・性別・学歴などは関係なく、昇進や昇給、抜擢も行っています。

一方で、社員一人ひとりの働き方や、置かれている状況などもしっかりと考えるように心を配っているつもりです。

Q. どんな人を求めていますか?

ポジション、職種などによっても異なりますが、共通しているのは、「 出来ない理由を考えるのではなく、どうすれば出来るかを考える人 」 を求めています。 難しい課題を与えられたときでも 「 とりあえずやってみよう 」 と課題に取り組む姿勢や 「 今までの経験や知識、知恵を絞ってベストな答えを出す努力をする 」 という前向きな姿勢を持っている人を求めています。

ECO事業部でも、単なる家庭訪問営業とは違った、エネルギー革命に即した販売商品、販売方法を模索したい、提案できる方と仕事をしていきたいです。

また、現在そういった営業の経験者やノウハウをお持ちの方ももちろん大歓迎です。 業界の経験の有無は問いません、まだまだ成長途中の会社ですから、あなたの能力や、経験を活かすフィールドは沢山用意されていると思います。

Q. 将来に向けて、どんな会社を目指していますか?
物流管理部門では、順調に売り上げを伸ばしているネットショップ支援の他、中堅企業を対象とした物流センター支援業務 ( 運営代行 ) にも注力していきます。 従来の大手企業を対象とした物流倉庫業 ( =倉庫レンタル業 ) では、価格競争に巻き込まれてしまい、結局利益を上げることが難しくなります。競争に入るのではなく、運営代行というバリューイノベーションにより新しい市場を生み出したいと考えています。

また、従来の物流支援業務とは、物流の効率化のためのコンサルティングを行うというパターンが殆でした。コンサルタントに依頼しても、机上の論理ばかりで課題に即した結果が出ることは少なく、また商材が変化したり、市場の変化のスピードにシステムがついていかないため、投資をしても結果がでていないというのが実情です。

弊社の物流センター支援業務は、物流会社の強みを活かしつつ、常に個々のお客様ニーズを理解し、実態に即した地に足のついた改善提案で、今までのコンサルティングでは実現しなかった、目に見える効率化や、変化に対応できる業務運営を行えることが強みだと思います。この市場は、まだまだブルーオーシャン ( 未開拓 ) ですので、ビジネスチャンスが広がると確信しています。

ECO事業部については、一般家庭に対する販売は勿論、仕事内容にもある、農業経営者の農業離れから農地の有効活用のために農地を太陽光発電施設として利用する提案営業にこれまで以上に力を注いでいきます。 PCの出現が私達の生活を大きく変化させたように、エネルギー革命も想像以上に早いスピードで迫ってきています。

限られたエネルギーの安定供給を維持するために、世界中で様々な取り組みを行っています。日本政府も太陽光パネルの普及だけでなく、エネルギーは消費するものから、創るもの、蓄えるもの、管理、コントロールするものと捉えそのシステム ( HEMS:Home Energy Management System )を産業界を巻き込んで開発推進しています。 幸いなことにHEMSは太陽光発電と非常に相性のよい製品を作り出し、国内外のメーカーがその開発にしのぎを削っています。又、家庭用蓄電池開発もすすみ、近い将来は太陽光発電の販売の方法や扱う 「 モノ 」 もどんどん変更してゆくと思われます。

今後は販売する立場の私達も、それらの動きに呼応して、従来の概念にとらわれない販売活動が出来る会社にしたいと思います。

現在の募集内容については下記までお問い合わせください。 [ 受付時間 : 9:30〜17:30 ]

TEL.072-967-6010(代)